FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビオテック料理教室をしています。中級6です。

中級6回目は、玄米のいなり寿司、ひじきこんにゃく、玉ねぎと車麩の酢みそ和え、柏餅でした。マクロビオテックでは、酢飯は梅酢を使ってすることが多いのですが、今回のいなり寿司はゆかりをみじん切りにして混ぜました。乾燥のゆかりを使っても良いですが、梅干しに漬かっている紫蘇を絞って刻みました。自然海塩で漬けた梅と紫蘇はとっても美味しいです。海藻類は度々取りたい食材ですね。新玉ねぎには時期が早いのですが、早めに作っている農家さんからもらって作りました。車麩が酢みそ和えにも合うことを再確認しました。柏餅には時期が早いけれど、甘味をレーズンだけでおさえて小豆の美味しさを実感したおやつでした。
《いなり寿司》
中級6-1いなり寿司
材料  玄米   2.5カップ
     水    3.5カップ
     塩    小さじ1/2
     寿司揚げ  15枚
     出し汁   2カップ
     醤油    大さじ2
     みりん   大さじ3
     人参    30g
     ゆかり   少々
     梅酢    大さじ1
     白ごま   大さじ1
 作り方
 ①玄米を洗いザルに上げ、30分位水を切っておく。
 ②圧力鍋に、玄米、水、塩を入れ、強火にかける。重りが動いてきたら弱火で30分炊く。 火を消して15分蒸らす。
 ③寿司揚げは油抜きして軽く絞り、まな板の上にのせて、麺棒または菜箸などを転がして油揚げをはがれやすくする。横半分    に切って出し汁と醤油、味りんで煮て味をつける。
 ④人参は細切りにして、塩をふって蒸し煮する。ゆかりは梅干しに漬けている紫蘇を絞って細かく刻む。(乾燥のゆかりでもよい)
 ⑤炊き上がった玄米に、人参、ゆかり、煎った白ごまを混ぜる。油揚げの煮汁も味を見ながら少し混ぜる。酢が少ない時は、梅   酢を入れると、味がはっきりして美味しい。小さく軽く丸めておく。(この分量で、一個32g位でいなり30個出来た。大きさもこの分  量が食べやすかったです。)
 ⑥③の油揚げを軽く絞って袋状に開き、中に⑤を詰める。

《ひじきこんにゃく》
中級6-2ひじきこんにゃく
材料
 ひじき    30g
 糸こんにゃく 30g
 人参     20g
 蓮根     30g
 ごま油    大さじ1
 醤油     少々
  (出し汁又は水の10分の1)
作り方
 ① ひじきはサッと洗い水につけ、爪で切れる位に戻す。縦・横に包丁を入れる。
 ② こんにゃくは茹でて、縦・横に包丁を入れる。
 ③ 人参は細く切る。蓮根は小さめの薄切りにする。
 ④ 厚手の鍋を熱し、ごま油を入れ、ひじきを入れ梅酢を少々入れ炒め蒸し煮する。湯気が出てきたら、こんにゃくを加え炒め、   出し汁又はひじきの戻し汁を入れ沸騰させ弱火にして人参、蓮根を加える。
 ⑤ 早めに醤油を入れ、汁が無くなるまで煮る。

《玉ねぎと車麩の酢みそ和え》
中級6-3玉ねぎと車麩の酢みそ和え
材料
 新玉ねぎ   中1個
 車麩     2枚
 薄口醤油   小さじ1
 酢      大さじ1.5
 白みそ    大さじ2
 練りごま   小さじ1
 ごま油    大さじ1
作り方
 ① 玉ねぎは1㎝~1.5㎝幅の回し切り、少しの油で粘りを出さないように蒸し煮する。
 ② 車麩は水で戻してよく絞り、2㎝の大きさに切る。薄味の出しで下煮しても良い。絞り汁は和え衣の水分が足りない時に用い   る。
 ③ すり鉢に調味料を合わせ入れ、酢みそを作り、①と②を和える。

《柏餅》
中級6-4柏餅
材料
 玄米粉   100g
 上新粉   100g
 小豆    100g  (煮る時は1カップ以上で作る)
 昆布
 レーズン   大さじ2
 熱湯    180㏄~200㏄
 柏の葉    10枚
 塩      小さじ1/3
作り方
 ① 小豆は3倍の水と昆布を入れて柔らかく煮、柔らかくなったらレーズンを熱湯でもどし刻んで加え煮る。煮汁が少なくなるまで 煮る。冷めると小豆は固くなるので、煮汁が少し残る程度にする。冷まして10個に丸めておく。
 ② 上新粉、玄米粉は塩小匙1/3と合わせ熱湯で、耳たぶより少し柔らかめにこねる。
 ③ 蒸気がたった蒸し器に、②を3等分にして平らにし、手で底になるところを窪ませて30分蒸す。(濡れ布きんを敷いて)
 ④ ③をすり鉢又はボールにとり、よくつく。
 ⑤ ④を10等分にして丸め、手で楕円形に延ばし(まわりは薄く)①で丸めた餡をはさみ二つ折にしてもう1度蒸す。(6分位)柏の  葉でくるむ。  ☆乾燥の柏の葉は、水につけて戻し、蒸し器で10分位蒸して使うとよい。

 
スポンサーサイト

マクロビオテック料理教室をしています。中級5です。

中級5回目は、スパゲッティミートソース、から揚げ、野菜ずくしのキッシュ、フルーツアラモードを、12月6日に致しました。
《スパゲッティミートソース》
中級5-1スパゲティミートソース
材料 スパゲティ 300g
    熱湯    5カップ
    塩     10g
    オリーブ油  適宜
    グルテンバーガー 200g
    ごま油    適宜
   にんにく 1かけ
   玉ねぎ  120g
   ごぼう  40g
   人参   40g
   椎茸   2枚
   トマト  4玉
   小麦粉  30g
   梅酢   少々
   白ワイン  1/4カップ
   トマトケチャップ 1/2カップ
   出し汁   2カップ
   塩     小さじ1
   胡椒    小さじ1/5
   ローリエ  1枚
   ナツメグ  少々
   おろしチーズ  適宜
作り方 ① にんにく、ごぼう、人参は小さめのみじん切り、玉ねぎ、椎茸は粗みじんに切り、トマトは皮をむいてザク切りにする。
     ② 鍋にごま油を入れ熱し、ごぼうを炒め梅酢を加え蒸し煮にする。玉ねぎも加えて塩を少し入れ蒸し煮する。にんにく、人       参、椎茸、グルテンバーガーを加えて炒め、小麦粉をふるいながら入れ、塩、胡椒を加えて弱火で5分ぐらい炒める。白       ワイン、出し汁、トマトケチャップ、ナツメグ、ローリエを入れ弱火で約30分位煮込む。時々混ぜながら静かに煮込むと         こってりとしたソースが出来る。
     ③ スパゲッティは、ソースが出来上がるころに、5カップの熱湯に塩を加え茹でる。(時間はスパゲッティの袋に書いてあ        る時間で…)茹であがったら、ザルに上げオリーブ油をまぶす。
     ④ 別々の盛り皿に盛って、熱いうちに供する。各自につぎ分けて、好みでおろしチーズをかけて食する。フォークとスプー       ンを添える事。
《から揚げ》
中級5-2から揚げ
材料 大豆から揚げ(乾燥)  
    熱湯
    生姜汁
    醤油
    酒
    片栗粉
    揚げ油
作り方 ① 大豆から揚げは熱湯につけて30分位おいて戻し、冷ましてからよく絞り、生姜の絞り汁、酒、醤油で味をつける。大豆       唐揚げ調味の中で、絞ったり吸わせたりしながら、味をしみ込ませる。
     ② 味がなじんだら調味液のまま、片栗粉を加えよく混ぜて、熱した油でよく揚げる。
《野菜づくしのキッシュ》
中級5-3野菜づくしのキッシュ
材料 22㎝のタルト型1台分
生地  地粉    200g  (又は、薄力粉  100g  強力粉  100g)
     塩   小さじ1
     オリーブ油  大さじ2.5
     水    60~70ml
     豆乳   大さじ2
     ブロッコリー  150g(又はカリフラワー)
     人参     70g
     赤ピーマン  70g
     玉ねぎ  1玉(170g位)
     マッシュルーム 4~6個
     クミンシード  小さじ1
     地粉    大さじ1
     白ワイン  大さじ2
     塩・胡椒  少々
     オリーブ油  大さじ1
     豆乳ソース
     絹ごし豆腐  1.5丁
     オリーブ油  大さじ2
     醤油     小さじ1
     塩      小さじ1
     白胡椒    少々
     ルッコラ
     ベビーリーフ
     レモン
作り方 ① 型にオリーブ油を塗り、地粉(分量外)をふるって冷蔵庫で冷やしておく。粉はよくふるって塩を混ぜ、オリーブ油を加え     て、手のひらでこすり合わせるようにして、パラパラになるまですりあわせる。
     ② 粉と油がなじんだら、水と豆乳を加えさっと混ぜ、手で丸めてラップに包んで冷蔵庫で30分休ませる。
     ③ ラップを大きく広げて、その上に②を広げ、上からまたラップをかぶせ、麺棒を転がして3㎜厚さにのばす。型より大きめ     に…。
     ④ ③を型にのせ、隙間が出来ないように敷きつめ、上から麺棒を転がせて余分な生地を取ります。フォークで底全体に      穴をあけ、170℃オーブンで10分から焼きします。
     ⑤ ブロッコリーと人参は茹でて、粗みじんに切る。赤ピーマンは粗みじん、玉ねぎはみじん切りにする。マッシュルームは8     等分に切る。
     ⑥ フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎを弱火で炒め、透き通ったら残りの野菜を加えさらに炒め、白ワイン、塩、胡椒     で味を調え、ボールに移して荒熱を取る。
     ⑦ 豆腐は水切りし、ブレンダーかフードプロセッサーで撹拌し、オリーブ油、醤油、塩、胡椒を順に加えて撹拌する。
     ⑧ ⑦の半量を⑥に加え混ぜ、から焼きしたキッシュに入れる。
     ⑨ 残りの⑦を表面に塗り広げ、180℃のオーブンに20分焼く。荒熱を取って冷蔵庫で冷やし、食べる直前にルッコラやベ      ビーリーフ、レモンの輪切りを散らす。
《フルーツアラモード》
中級5-4フルーツアラモード
材料 (11cm×14cm×4.5㎝の流し缶1個分)
   いちご、キウイー、みかん、柿、洋梨、レモン、ブルーベリーなどの数種類の季節の果物合わせて   500g
   フレーク寒天     大さじ1
   ぬるま湯     80ml
   りんごジュース   250ml (濃縮還元でない果汁100%のもの)
   塩      一つまみ
   好みで ラム酒  大さじ1
   レモン汁     大さじ1
   ミント
作り方 ① 粉寒天はぬるま湯につけ、ふやかしておく。ぬるま湯に1時間位…。
     ② フルーツは大きめにざくざく切り、流し缶に彩りよく敷く。
     ③ 鍋にふやかした寒天、りんごジュース、塩を入れ火にかける。沸騰したら弱火にして8分煮る。ラム酒を加えさらに1分      煮て火を止め、レモン汁を加え混ぜ荒熱を取る。
     ④ ②に③を静かに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
     ⑤ 食べやすく切って皿に盛り、ミントを飾る。
次回の教室は、2月7日(日)です。


マクロビオテック料理教室をしています。中級4です。

中級4回目は、カレーピラフ、かぼちゃスープ、キャベツコロッケ、パンプキンパイでした。
《カレーピラフ》
中級4-1カレーピラフ
材料 玄米   2カップ
    もちきび 1/2カップ
    にんにく 1かけ
    土生姜  1かけ
    玉ねぎ  150g
    人参    30g
    干し椎茸  3枚
    グルテンバーガー 1/2缶
    さんど豆   5本
    レーズン  大さじ1
    塩     小さじ2
    カレー粉  大さじ1
    水      3カップ
作り方 ①玄米を洗いザルに上げ、30分位水を切っておく。きびは洗って目が細かいザルに入れて水を切っておく。玄米はきつね色にいる。
     ②にんにく、土生姜はみじん切り。玉ねぎは粗いみじん切り。人参、戻した椎茸は5㎜の角切り。グルテンバーガーはカレー粉をまぶしておく。さんど豆は塩茹でしておく。
     ③圧力鍋に油をひき、にんにく、土生姜を炒める。玉ねぎを加え炒めて透明感が出たらもちきびを加え、炒める。①の玄米、人参、椎茸、レーズン、グルテンミートを加え全体をよく混ぜ、なじんだら水と塩を加えて普通に炊く。(弱火で15分)
玄米に火が通っているので、時間は普通より少なめ。
     ④炊き上がったら静かにほぐし、塩茹でのさんど豆を散らす。

《かぼちゃスープ》
中級4-2かぼちゃスープ
材料  かぼちゃ   400g
     玉ねぎ    1/2個
     小麦粉    大さじ3
     豆乳     1カップ
     出し汁(昆布だし) 3カップ
     油      大さじ1
     塩
     胡椒
     パセリ
作り方 ① かぼちゃは皮をむき薄くスライスする。玉ねぎは粗みじんに切る。パセリもみじん切り。わたも種を除いて使う。
     ② 玉ねぎをよく炒め、かぼちゃを加え炒め、かぼちゃが折れる位になったら、塩1つまみを加え、小麦粉を入れ野菜全体によくなじませる。
     ③ ②に出し汁を入れ、強火にして煮立たったら弱火にして柔らかく煮る。豆乳は別に温めて入れる。
     ④ ③を裏ごしするかミキサーにかけ、鍋に移して塩、胡椒で味を調えとろみ加減をみて器に盛る。上にパセリを散らす。
 ☆豆乳は沸騰させない。
   かぼちゃの皮は揚げて、クルトンのするとよい。
 ☆かぼちゃはウリ科の食材なので、強火で煮立たせることで瓜臭さが無くなって中庸を引き出す。

《キャベツコロッケ》
中級4-3キャベツコロッケ
材料  キャベツ   5枚
     生椎茸    2枚
     山芋    100g(つくね) (粉の時20g)
     小麦粉 (水気が多い時適宜)
     パン粉
     塩
     揚げ油
     サラダ菜   5枚
作り方 ① キャベツ、生椎茸はみじん切りし、ボールに入れて塩を加えよくもんで水気を絞る。
     ② 山芋はすりおろし、①の中に混ぜ入れ、好みの形に丸めパン粉をまぶし、油で揚げる。粉の時はよく混ぜる。(ふわふわに)
     ③ 器にサラダ菜をおき、

《パンプキンパイ》
中級4-4パンプキンパイ
材料 かぼちゃ    400g
    レーズン    大さじ2
    熱湯      1/2カップ
    小麦粉     300g (全粒粉でもよい)
    ごま油     大さじ4~6
    塩       小さじ1
    水       1/2カップ
作り方 ① かぼちゃは芯をくり抜きザク切りし、煮てつぶす。蒸す時は強火で蒸す。木べらで潰す。(裏ごしするとなめらかになる)
     ② レーズンは熱湯に1/2カップに浸して戻し、粗く刻んでかぼちゃに混ぜる。
     ③ 小麦粉をふるって塩を加える。
     ④ ③の小麦粉にごま油を混ぜ、ポロポロの状態になったらレーズンの戻し汁と水を加え、軽く混ぜる。まとまったら濡れ布きんに包んで30分程ねかせる。
     ⑤ ④を2等分してパイ皿に合わせて2枚にのばす。パイ皿に油を塗りパイ皮をのせ、かぼちゃの餡を入れてもう1枚の皮をかぶせ縁をおさえ、中央に空気抜きの包丁を入れ、230℃のオーブンで約30分焼く。

マクロビオティックの料理教室をしています。中級№3

中級3回目です。献立は、チャパティ、金時豆のカレー、人参ドレッシングサラダ、チャパティ、ひえドーナツでした。
中級3
《チャパティ》
 材料 強力粉全粒粉 200g (ふすまがある方が甘味がある)
     水    100cc
     ごま油  15枚分
①ボールに全粒粉を入れ、水を少しずつ加えながら、なめらかになるまでこねる。(耳たぶくらいの固さ)
②すぐに約30gずつ分けて丸め、打ち粉をしながら約12㎝の円に薄くのばす。
③フライパンを強火で熱し、油をひかずに一枚ずつ②の両面を焼き、ブツブツと気泡が出てきたら焼き網の上に乗せ強火で焼く。(焦げ目をつける為)
中級3-1チャパティフライパン焼き
中級3-1チャパティアミ焼き
④ふくれたら表面にごま油を塗る。
《金時豆のカレー》
 材料 金時豆   1/2カップ
     玉ねぎ   中1個
     人参     30g
     じゃが芋   100g
     完熟トマト  中1個
     パセリ    少々
     にんにく   1/2片
     土生姜    1/2片
     オリーブオイル  大さじ2
     小麦粉     大さじ1
     塩      小さじ1
     カレー粉   大さじ2
     ローリエ   2枚
     ガラムマサラ  少々
①金時豆は洗って圧力鍋で3倍の水を加え、固めに茹でる。炊くときに水を加える。圧がたまって弱火で3分位。
②玉ねぎは粗みじん切り、人参、じゃが芋は1㎝のさいの目切り、トマトはザク切り、にんにく、土生姜、パセリはみじん切り。
③鍋に油を温め、にんにく、土生姜を炒め、玉ねぎを入れて色づくまで炒め、小麦粉を加え全体になじんだらトマトを加えて炒める。
④③にじゃが芋、人参、豆、カレー粉を加え2~3分炒める。
⑤豆の茹で汁と水で1.5カップになるように入れ、塩、ローリエを加え煮る。(大量に作る時は、水の割合は、1カップ位でよい。
⑥最後にガラムマサラを加え、味を調えて火を消す。ローリエは取り除く。器に盛りパセリを散らす。
《人参ドレッシングサラダ》
 材料 人参   100g
     キャベツ  3枚
     大根    5㎝
     玉ねぎ   1/4個 (細かいみじん切り)
     梅酢   大さじ1.5
     ごま油   大さじ1
①人参の1/2と大根を長さ3㎝位の細切りにし、キャベツは大切りにしてさっと湯通しする。
②残りの人参をおろし、玉ねぎの細かいみじん切りと梅酢、ごま油を混ぜ、ドレッシングにして①を和える。
 塩は入れない。塩加減は梅酢でする。
《マサラチャイ》
 材料  豆乳    2カップ
      水     2カップ
      紅茶    小さじ5
      香辛料  カルダモン  2粒 (粉の時微量)
      クローブ   少々
      シナモン   少し多め
      土生姜(すり下ろして)少々
①深鍋に水、紅茶を入れてよく煮だす。
沸騰したら弱火にして7~8分煮出す。豆乳、カルダモン、クローブ、シナモン、土生姜を入れ、かき混ぜる。
  ☆豆乳は後から入れた方が膜が張らない。   
   好みで蜂蜜を加えてもよい。
   豆乳が濃い時は、半量でもよい。
《ひえドーナツ》
 材料 ひえ    1/2カップ
 レーズン  80g
 薄力粉   1カップ
 塩     小さじ1/2
 揚げ油   適宜
①レーズンは熱湯につけ、粗いみじんに刻む。戻し汁は残しておく。
②ひえを洗い、2倍の水で炊き、沸騰したら火を消し、ひえが水を吸って水気がなくなるまで蒸らす。
③②に薄力粉、レーズン、塩を加えて木べらで混ぜ合わせ、10等分に丸める。
☆ひえが温かいうちに粉を入れると、粉臭さが残らない。
☆あまり練らない。さくさくと…。堅そうな時は、レーズンの戻し汁を加える。
④まな板に粉をふって、③を細長く棒状に延ばし、リング状にして中温の油で薄いきつね色に揚げる。油を塗って、オーブンで焼いても良い。
このドーナツが美味しかったので、後日作りました。お惣菜を作る合間にして、途中で注文が入ったりしてドーナツの塩を忘れました。油で揚げた後に気がついて…。くれぐれも塩は大事です。

梅を干しました。

やっと、梅雨が明けました。今日からしばらく晴天が続きそうなので、この機会を逃すまいぞと、朝6時から梅を干す作業でした。漬けた梅は113kg。40リットルの樽にいっぱい入れて4樽。去年の梅が好評で足りなくなって、店頭販売はお休み中だったのです。
梅は、七山の南高梅、紫蘇は糸島のちりめん紫蘇、塩は沖縄の自然海塩で作っています。美味しい梅になります!
梅干し風景
プロフィール

kazuobasan

Author:kazuobasan
かずおばさんの簡単レシピへようこそ!
会社勤めの後調理師学校で資格を取得。また会社に勤務して25年後自然食品店「自由農園」を引き継ぎ、マクロビオティックと出会う。正食クッキングスクールの師範科も卒業。こころと身体に優しい料理を心がけています。
マクロビオティック料理教室は、偶数月の第1日曜日、午前の部10:00~13:00と午後の部13:30~15:30です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。